先輩の声

社長の声

自分らしさを発揮して

 昔から食べることが大好きだったので、気がつけば大学も食品に関わる道を専攻してました。もちろん就職活動も、それが大きな動機となっています(笑)。入社してすぐは不安もいっぱいでしたが、単純な質問や疑問にも先輩や上司が丁寧に答えてくれたので、そんな心配は必要ありませんでした。新人だからといって突き放されることもなく、少しずつ現場を任せてもらえるようになったことが何より嬉しいです。
 菊水で働くと、とても基本的なことから新しいことまで、いろいろなことに携われます。だから仕事が苦にならない。社員だけじゃなく、パートさんとも垣根なく話し合えることも菊水の魅力の一つ。自分たちが思いもしない違う考え方を知ることは、日々の業務の励みになりますし新鮮でもあります。そういう一つ一つが私を成長させ、今までと異なること、新しいことにも違和感を持たず、前に進めるようになりました。

会社を創るのは私たち

 「やりたいと思ったことは、やらないと気がすまない」、それが私の性格です。でもこれが意外と良かったのかもしれない(笑)。品質管理という仕事は、あまり耳慣れないかもしれませんが、私にとっては「菊水の美味しい」を守る大事な役割だと思っています。お客様相談室あてのフリーコールやメールなどで、質問やご意見をくださるお客さまがいらっしゃいますが、私たちがそれに応え、詳しく検証したり対策をすることで、商品を改善したり、もっと良くすることができるのです。そんななか、スーパーで菊水の商品をカゴに入れるお客さまを見ると、日頃の仕事の重要さが身に染みます。
 「良い人が良い会社を創り、良い会社が良い商品を作る」。これは杉野社長の言葉です。私も「良い人」であることを心がけ、自信を持って菊水の商品を提供できるよう、これからもみんなと力を合わせていきたいと思います。

ひとことメッセージ

全国の食卓に「美味しい」をお届けし、お客さまを笑顔にできることは、とてもやりがいのあることだと思います。道内でも、たくさんのスーパーに商品を置いていただいているので、実際に手に取っているお客さまを見ると、嬉しいですしモチベーションも高まります♪